ザガーロの通販比較

アボダートの通販価格をサイト別に紹介!正規品の値段を比較!

正規品アボダートの通販価格を比較!

アボダートは、もともと前立腺肥大症の治療薬として、イギリスのグラクソスミスクライン社(GSK)から販売された薬です。

プロペシニャ

ありゃ!?AGAの薬じゃないのかにゃ!?

カミハエール博士

前立腺肥大症の薬として開発が進められる中で、患者の多くに多毛症の副作用が見られたことから、AGA治療薬として研究されるようになったんじゃ。

アボダートと同じ有効成分デュタステリドで作られている薬として「ザガーロ」があります。デュタステリドの含有量は、アボダートとザガーロで同じですので、両者には同等の効果が期待できます。

アボダートは、通販で購入できます。通販では海外のアボダートを個人輸入しますので、通院・診察なしで購入できます。

以下は、通販サイトごとのアボダートの販売価格です。

お薬なびベストケンコーあんしん通販マート薬の通販オンライン
1ヶ月4,500円4,388円6,480円5,980円
2ヶ月8,100円取り扱いなし11,794円10,764円
3ヶ月10,800円8,028円16,991円15,608円
1錠最安値120円69円179円161円

アボダートを最安値で購入できるのは、ベストケンコーのようですね。1錠あたりの最安値で比較すると、値段にけっこうな差があることがわかります。

アボダートとザガーロで何が違うのか

冒頭でも述べた通り、アボダートもザガーロも配合されている有効成分は同じデュタステリドです。同じ効果と安全性が期待できます。双方とも、イギリスの製薬会社であるGSKから製造販売されています。

製造元まで同じである2つの薬の一体何が違うのかというと、作られた目的です。アボダートは前立腺肥大症の薬として開発されたのに対して、ザガーロはAGA治療薬として開発されました。製造上の名目が異なる為、パッケージや製品名に違いはありますが、両者の薬効に違いはありません。

もうひとつの異なる点として、ザガーロは通販購入ができないという点が挙げられます。ザガーロは日本でのみ使われている製品名です。通販で買える薬は、アボダートのような海外の薬に限られます。日本製のザガーロは通販購入できません。

日本では販売されていないアボダートですが、イギリスやアメリカ、韓国など世界中で活躍しています。

ザガーロとの費用を比較。

通販で購入したアボダートを使ったAGA治療にかかる費用と、AGA専門クリニックによる治療にかかる費用を比べてみました。

クリニックではザガーロが処方された場合の費用で比較を行います。

ザガーロの費用(病院処方)

1箱30錠入り 約10,000円
プラス診察料、検査料など

アボダートの費用(通販購入)

1箱30錠入り 4,500円

クリニックによって費用は大きく違ってきますが、ザガーロの相場としては30錠で1万円程度はします。さらに薬が処方されるにあたって、診察や検査を受けるとなると、その分の費用もかかります。

カミハエール博士

AGA治療には保険が適用されないんじゃ。治療にかかる費用は決して安くないんじゃぞい。

一方、アボダートを通販購入した場合には、同じ量の薬を半額以下の値段で買えます。薬代以外にかかる費用は送料くらいですので、クリニックと比べて大変お得になっています。

上記では、1ヶ月分(30錠)の薬を揃えた場合の費用で比較を行いましたが、AGA治療ではもっと長い期間での治療が必要です。治療期間が長くなればなる程、費用の差は広がっていきます。特に通販では、複数個の薬をまとめて購入することで、割引が適用されます。

ベストケンコーでは、300錠をまとめて購入した場合、1ヶ月あたりの費用が2,000円以下まで下がります。

プロペシニャ

「まとめて買うと安くなる」っていうのが通販の特徴なんだにゃ。

長期的な治療を見越して、あらかじめ薬を購入しておくのが、AGA治療にかかる費用の節約に役立ちます。

アボルブとの関係は?

アボダートと混乱しやすい薬として「アボルブ」という医薬品があります。このアボルブも、アボダートやザガーロと同様の有効成分デュタステリドを配合している薬です。製造販売元も、同じGSK社となっています。

アボルブを簡単に説明すると、アボダートの日本名です。アメリカやイギリス、韓国などではアボダートという製品名で販売されていますが、日本ではアボルブという製品名で販売されているというだけの話です。
アボルブもアボダートと同様に前立腺肥大症の薬として販売されています。

プロペシニャ

要するに、アボダートにもアボルブにも、ザガーロと同じ効果が期待できるということニャんだよね?

カミハエール博士

左様じゃ。同じ医薬品でも国によって名称が変わるというのは、さほど珍し話でもないんじゃよ。

アボダートに関しては、日本の医療機関で処方されることはありません。購入するのは通販サイトを利用して個人輸入するほかありません。

アボダートの偽物

アボダートは、AGA治療薬として世界的に人気の高い医薬品です。日本でもザガーロが高額という理由から、個人輸入を利用してアボダートを購入する人が多いです。アボダートは非常に高い需要を誇る薬です。

人気が高く世界中に流通している薬で注意しなくてはならないのが、偽物の存在です。

アボダートをはじめとしたデュタステリド配合の安価なジェネリックは、世界中で販売されています。ジェネリックは価格の安さゆえに悪徳な業者に目を付けられて、偽物が流通していることがあるようです。

もし購入したアボダートが錠剤だった場合には要注意です。アボダートもザガーロも剤型はカプセルです。届いた製品が錠剤だった場合には、絶対に飲まないように気を付けてください。

プロペシニャ

「錠剤には要注意」ってことだニャ…。 メモメモ…っと。

カミハエール博士

感心じゃな。じゃが、海外で販売されているジェネリックの中には錠剤タイプの正規品もあるんじゃ。アボダートとは違う製品ではあるが、偽物というわけではないぞい。

プロペシニャ

ややこしいにゃ~。

アボダートの偽物を買わない為には、信頼できる通販サイトを選ぶことが何よりも大切になります。

偽物だから副作用が出るというわけではありません。

購入したアボダートが偽物だった場合、どんな成分が混入しているか分かりません。健康被害が生じるおそれもあります。ただし、偽物を服用した場合に生じる健康被害と、薬の副作用は別です。

副作用というのは、薬が効果を発揮するうえで、どうしても同時に出てしまう副次的な効果のことを指します。正規品のアボダートであったとしても、薬の効果には副作用がつきものである点に変わりはありません。

カミハエール博士

本物だろうと副作用が出るリスクがあることには変わりないということじゃな。

アボダートは、プロペシアに比べて効果が高いといわれている薬です。その分、副作用のリスクも高くなります。特に発現頻度が高いといわれているのが、性機能不全の副作用です。副作用の疑いのある不調が見られた場合には、早急に医師に相談してください。

効果が出ないから偽物と決めつけることもできません。

アボダートを飲み続けたにも関わらず髪の量が増えなかったという理由で、偽物を疑ってしまう人もいるかと思います。

誤解しやすいのが、アボダートを飲んだからといって髪の毛がフサフサに増える発毛効果が期待できるわけではありません。アボダートに期待できる効果は、あくまで抜け毛の予防です。より高い育毛効果を得たい人は、ミノキシジルが配合された薬との併用が必要です。

とはいえ、アボダート単体の服用で髪の毛が増えたという人がいるのも事実です。反対に明確な効果が得られない人もいますので、偽物と正規品を効果で判断するのは難しいといえます。

ただし、今まで使っていた薬からアボダートに切り替えたことで、明らかに効果が低下したという場合には要注意です。正規品のアボダートであれば、ザガーロと同等の効果が期待できるはずです。医師に相談してみましょう。

初期脱毛が起こります。

アボダートの服用を始めてから、最初の1週間~1ヶ月ほどの期間には初期脱毛と呼ばれる脱毛が見られることがあります(必ず起きるものではありません)。

初期脱毛で慌ててしまう人は多いですが、これはアボダートの効果が正常に働いている証拠でもあります。アボダートだけでなく、プロペシアやザガーロでも生じます。

逆に抜け毛が増えてしまうことで不安な気持ちになるのはよく分かりますが、これは乱れたヘアサイクルが正常化する過程で避けられないものです。初期脱毛の期間は、すぐに終わりますので、慌てすに様子を見ましょう。

アボダートの効果と副作用、注意点

アボダートに配合されているデュタステリドは、5α-還元酵素阻害薬に分類される薬です。

AGAの原因に関わっているのはヘアサイクルと呼ばれる成長周期です。通常では、長い年月をかけて髪の毛は生え変わります。AGAを発症するとヘアサイクルが短くなって、毛根の寿命が早くなってしまうのです。

AGAの引き金となるのが、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)です。DHTは、善玉男性ホルモンのテストステロンと5α-還元酵素が結びつくことで作られます。

デュタステリドには、5α-還元酵素を阻害する効果があります。アボダートの服用を続けると、DHTの生成が減り、ヘアサイクルが正常な状態へと戻っていきます。

プロペシアを凌ぐ効果が期待できます。

5α-還元酵素には、1型と2型が存在します。プロペシアの有効成分フィナステリドが2型のみにしか作用しないのに対して、デュタステリドは1型&2型の両方に作用します。

フィナステリドよりもデュタステリド配合の薬の方が効果が高いといわれるのはこの為です。実際にフィナステリドは効かなかったけど、デュタステリドに切り替えることで、効果が出始めたという人もいます。

高い効果の反面、副作用も生じやすくなります。医師の中にはデュタステリドを推奨していない人もいます。

アボダートを始めとしたデュタステリドを含む薬は、服用が禁忌とされている人(女性や未成年など)もいます。服用の前に注意をよく確認してください。

献血には注意が必要です。

アボダートを服用すると、しばらく献血ができなくなります。期間は6ヶ月間です。献血をする場合には、アボダートの服用を中止してから、6ヶ月以上の期間を空ける必要があります。

余談ですが、アボダートとは有効成分が異なるプロペシアの場合、服用中止から1ヶ月で献血ができるようになります。

出典:献血をご遠慮いただく場合|東京都赤十字血液センター|日本赤十字社

アボダートを購入した人の口コミ

アボダートに関する口コミの投稿を様々な通販サイトから集めました。

安い

店舗などで購入しようとするとこの倍くらいの値段がします。こちらのサイトは非常に良心的だと思います。効果の方も高く、今はこの薬以外は考えられません。ほぼ満足できる効果を得ているので、今後は予防のために服用を続けていこうと思ってます。

ランドさん(34歳)

プロペシアで思ったような効果がなく、ザガーロに切り替えるつもりで調べていたらこちらのサイトを見つけました。日本でザガーロを購入するより全然安いですね。いろんなサイトを見ても、AGAは長期的な治療が大切とあるので、コストが安いのはとても助かります。現在使用3か月目です。少しずつ効果が出てきているような・・・?産毛が生えてきている感じがします。劇的な効果じゃないですけど、一応効果あるので、このまま続けていきます。

無事に届きました。

初めての利用で少し心配しましたが注文してから12日間に届きました。早かったとJapan Postからメールの知らせも来たから安心しました。商品のAVOCARTはこれから使えます。皮膚科から毎月12,000円のザカーロ0.5mgの代わりに一個2,000円のAVODART0.5mgを変えてコスト削減をできて。嬉しいです!しかもポイントとクーポンがあるから更に安くなります。半年後には髪が増えたら5☆を上げます

ザガーロ(アボダート)は通販で買うのがお得で続けやすい!

アボダートは、ザガーロと同じ有効成分で作られている薬です。アボダートは前立腺肥大症、ザガーロはAGAという異なる目的で作られた薬ではありますが、同じ用量で使用することで、いずれの疾患にも同等の効果が見られます。

アボダートが購入できるのは通販だけです。逆にザガーロは通販で購入することはできません。

病院に行ってザガーロを処方してもらうより、通販でアボダートを購入した方が安く購入できます。半額以下になる為、ザガーロからアボダートに切り替える人も多いです。
通院の手間がかからないのも、通販でアボダートを購入するメリットのひとつです。

通販を利用してアボダートを購入するのであれば、正規品を取り扱っている安全なサイト選びが大切です。